1. TOP
  2. 専門診
  3. 脊椎外科センター

脊椎外科
センター
について

脊椎外科センター医師の集合写真

脊椎外科センターの教授である豊根は日本低侵襲脊椎外科学会・日本成人脊柱変形学会の会長を歴任しており、スタッフ全員が豊富な臨床経験をもっております。また、より専門的な治療に専念するため、2018年11月より脊椎外科センターを開設いたしました。当センターでは、首から腰までのすべての背骨の病気(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症とすべり症、頚髄症に靭帯骨化症、脊椎腫瘍と脊髄腫瘍、さらに首下がりや腰曲がりと呼ばれている後弯症・側弯症といった脊柱変形)の治療を数多く行っております。必要に応じて脊椎内視鏡や顕微鏡を使用することも頻繁にあります。
さらに、全国でも有数のハイブリッド手術室では手術中にあらゆる方向・角度での背骨の画像を確認することが可能となり、きわめて安全かつ正確な手術を行うことができます。世界中のどの脊椎外科にも引けを取らないと申し上げても過言ではありません。

脊椎外科センターを受診するには

脊椎診は毎週水曜 (午前/午後)・金曜日 (午前)におこなっております。受診は予約制で紹介状お持ちの方のみ脊椎診に受診可能です。
月1回、第2水曜日午後15:00より側弯症専用外来があります。保存治療~手術までおこなっております。
紹介状お持ちのうえ、受診してください。
そうでない方は一般の昭和大学東病院の初診外来を経由していただき、必要であれば後日、脊椎診を予約することになります。どちらの形でも構いませんが、可能であればかかりつけ医の紹介状(診療情報提供書)や、これまでに検査されたレントゲン・MRI・CTなどをお持ちいただけますと、より多くのご説明が可能となります。学会出張などのために休診となることがありますので、受診の際はあらかじめお問い合わせください。

*脊椎外科センターの受診は予約制です。

*昭和大学病院は、厚生労働大臣の承認を受けた特定機能病院です。高度で質の高い医療の実施はもとより、他の医療機関との連携により更に総合的な医療を行っており、紹介制を原則としております。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症
・腰椎椎間板ヘルニア

歩くと脚が痛くなり、しゃがんで休むと治る代表的な病気です。
足の裏のしびれ(何かが貼りついているような感じ)や足の筋力低下、つま先立ち・踵歩きができなくなってきた場合には、早めの脊椎外科への受診をお勧めします。
場合によっては手術をお勧めさせていただく場合もあります。

64歳女性 腰椎辷り症

腰痛と両下肢しびれ、間欠性跛行でお困りの患者さんです。レントゲンにて第4腰椎の前方すべりと、MRIで同部位の狭窄所見を認め手術となりました。後方より神経の圧迫除去とずれていた椎体を矯正し、固定術を施行しました。
術後早期より、腰痛と間欠性跛行は改善し、経過は良好です。

腰椎すべり症・患者の症例写真

術前術後のレントゲンとMRIではすべり症に伴う不安定な部位が固定され、神経の圧迫が除去されていることがわかります。

38歳女性 腰椎椎間板ヘルニア

下肢痛でお困りの患者さん。MRIで、第4,5腰椎間でのヘルニアを認めました。
脊椎内視鏡手術を行い手術翌日より歩行開始し、症状も改善しました。
脊椎内視鏡手術は術後の復帰が早いのが特徴です。

腰椎椎間板ヘルニア患者の症例写真

手術創も約2cm。入院期間も従来の手術と比較して短くできます。

頚髄症・頚椎椎間板ヘルニア

手足がしびれることではじまることの多い病気です。
箸を使う・ボタンをかけるといった細かい作業がしづらい、階段を降りづらい、といった症状が出てきた場合には、手術をお勧めさせていただく場合があります。

79歳女性 頚髄症

両手のしびれ・動きのぎこちなさ、歩行時のふらつきを訴えてシルバーカー(押し車)で入院された患者さんです。
MRIで、頚椎での脊髄の圧迫所見を認めました。後方からの脊髄の除圧術(椎弓形成術)を施行され、手のしびれと使いにくさは改善し、独歩で退院となっております。

頚髄症患者の症例写真

術前MRIにて認めた脊髄の圧迫は、術後MRIでは消失していることがわかります。

脊柱変形

当院では成人脊柱変形(側弯症や後弯症:いわゆる「腰曲り」や「首下がり」)に対して椎体骨切り術や側方侵入椎体間固定術・経皮的後方固定術 (低侵襲手術手技の1つ)を用いた手術加療を行っており、近隣はもとより全国から、たくさんの患者さんをご紹介いただいております。
お困りの患者様は、是非、専門外来を受診してください。

76歳女性 脊柱変形(腰曲り)

他院で治療は困難と言われておりましたが、歩行時の腰痛が強く、歩行も困難になっており、脊椎外科センターに受診されました。
手術(低侵襲側方固定術+後方手術)により、症状と姿勢は改善し、とてもお元気になられました。

脊柱変形(腰曲り)患者の症例写真
70歳女性 脊柱変形(首下がり)

徐々に頚部が下がってきて、前を向くことが困難になった患者さん。
内科などで他の原因がないことを確認した後に手術(前方・後方合併手術)をされました。
手術前の症状はとれ、非常に喜ばれて退院されております。

脊柱変形(首下がり)患者の症例写真

上記は代表的な脊椎疾患ですが、どの病気も治療法は確立されております。
手術も専門の脊椎外科が行うため、安心して手術をお受けいただくことができ、また、適応のある患者さんには脊椎内視鏡手術低侵襲脊椎手術を積極的に行っておりますので、お気軽に主治医にご相談下さい。

スタッフ紹介

豊根先生の写真

教授

豊根 知明

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術技術認定医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定スポーツ医、難病指定医、身体障害者福祉法第15条第1項指定医
工藤先生の写真

講師

工藤 理史

専門分野
脊椎・脊髄外科、脊椎内視鏡
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本脊椎脊髄病学会指導医
丸山先生の写真

講師

丸山 博史

専門分野
脊椎・脊髄外科、脊椎内視鏡
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本脊椎脊髄病学会指導医
松岡先生の写真

助教

松岡 彰

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定リハビリテーション医
石川先生の写真

助教

石川 紘司

専門分野
脊椎・脊髄外科、骨粗鬆症、骨代謝
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、骨粗鬆症学会認定医
早川先生の写真

助教

早川 周良

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
日本整形外科学会整形外科専門医
関水先生の写真

助教

関水 壮哉

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
神﨑先生の写真

昭和大学藤が丘病院教授

神﨑 浩二

専門分野
脊椎・脊髄外科、側弯症
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本整形外科学会認定リハビリテーション医
白旗先生の写真

昭和大学江東豊洲病院准教授

白旗 敏之

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本体育協会公認スポーツドクター、難病指定医、臨床研修指導医
江守先生の写真

昭和大学横浜市北部病院講師

江守 永

専門分野
脊椎・脊髄外科、スポーツ整形
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本体育協会公認スポーツドクター
神先生の写真

兼任講師(東京都保健医療公社
荏原病院部長)

神 與市

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
日本脊椎脊髄病・日本脊髄外科学会認定脊椎脊髄外科専門医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本整形外科学会リウマチ医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、難病医療費助成制度における指定医(整形外科)、身体障害者指定医(肢体不自由)、臨床研修指導医(厚生労働省)
丸山先生の写真

兼任講師(朝日大学病院 准教授)

星野 雄志

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、脊椎脊髄外科指導医、身体障害者福祉法第15条第1項指定医
山村先生の写真

済生会横浜市東部病院に
国内留学中

山村 亮

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
安川先生の写真

日本赤十字社医療センターに出向中

安川 泰樹

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
日本整形外科学会整形外科専門医
百々先生の写真

虎の門病院に出向中

百々 悠介

専門分野
脊椎・脊髄外科
資格
谷先生の写真

大学院

谷 聡二

専門分野
脊椎・脊髄外科、骨粗鬆症
資格
日本整形外科学会整形外科専門医
丸山先生の写真

大学院

土谷 弘樹

専門分野
脊椎・脊髄外科、骨粗鬆症
資格

代表的な業績

  • 01.

    Ito H, Toyone T, Nagai T, et al. Relationship Between Muscle Mass of the Lower Limbs and Falls Caused by Spinal Misalignment in Women Aged 70 Years: A Retrospective Study. [published online ahead of print, 2020 May 22]. Clin Spine Surg.

  • 02.

    Yamamura R, Kudo Y, Matsuoka A, et al. Examination of combined anteroposterior reconstructive surgery for treating cervical pyogenic spondylitis with advanced kyphotic deformity: A Case Series Spine Surg and Relat Res. 2020

  • 03.

    Yamamura R, Kudo Y, Matsuoka A, et al. Anterior Column Reconstruction Performed for Complete Anterior Longitudinal Ligament Rupture Caused by Surgical Correction with Lateral Interbody Fusion for Kyphosis. Spine Surg Relat Res. 2020

  • 04.

    Okano I, Omata J, Hoshino Y, et al. Chronic dysphagia caused by Laryngo-vertebral Synostosis after anterior fusion for cervical spine trauma: a case report. BMC Musculoskelet Disord. 2020

  • 05.

    Endo K, Kudo Y, Suzuki H, et al. Overview of dropped head syndrome: Combined survey report of three facilities. J Orthop Sci. 2020

  • 06.

    Okano I, Ortiz Miller C, Salzmann SN, et al. Minimal Clinically Important Differences of the Hospital for Special Surgery Dysphagia and Dysphonia Inventory and Other Dysphagia Measurements in Patients Undergoing ACDF. Clin Orthop Relat Res. 2020

  • 07.

    Okano I, Jones C, Salzmann SN, et al. Postoperative decrease of regional volumetric bone mineral density measured by quantitative computed tomography after lumbar fusion surgery in adjacent vertebrae. Osteoporos Int. 2020

  • 08.

    Okano I, Jones C, Salzmann SN, et al. Endplate volumetric bone mineral density measured by quantitative computed tomography as a novel predictive measure of severe cage subsidence after standalone lateral lumbar fusion. Eur Spine J. 2020

  • 09.

    Okano I, Carlson BB, Chiapparelli E, et al. Local Mechanical Environment and Spinal Trabecular Volumetric Bone Mineral Density Measured by Quantitative Computed Tomography: A Study on Lumbar Lordosis. World Neurosurg. 2020

  • 10.

    Okano I, Salzmann SN, Jones C, et al. The impact of degenerative disc disease on regional volumetric bone mineral density (vBMD) measured by quantitative computed tomography. Spine J. 2019

  • 11.

    Shirahata T, Okano I, Salzmann SN, et al. Association Between Surgical Level and Early Postoperative Thigh Symptoms Among Patients Undergoing Standalone Lateral Lumbar Interbody Fusion. World Neurosurg. 2019

  • 12.

    Dodo Y, Kudo Y, Ishikawa K, et al. Fracture-Dislocation of the Cervical Spine secondary to Low-impact Trauma in a patient with Klippel-Feil syndrome: A Case Report. Spine Surg and Relat Res. 2019

  • 13.

    Okano I, Tachibana T, Nishi M, et al. Conservative Treatment for Stable Low-Energy Thoracolumbar Vertebral Fractures in Nonfused Segments Among Elderly Patients With Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis: A Matched Case-Control Study. Medicine (Baltimore) 2019

  • 14.

    Ishikawa K, Toyone T, Shirahata T, et al. A Novel Method for the Prediction of the Pedicle Screw Stability: Regional Bone Mineral Density Around the Screw. Clin Spine Surg. 2018

  • 15.

    Okano I, Midorikawa Y, Midorikawa N, et al. Risk factors for spinal cord injury progression after anterior fusion for cervical spine trauma: A retrospective case-control study Spinal Cord Ser Cases. 2018

  • 16.

    Kudo Y, Tomoaki T, Shirahata T, et al. A Case of Successful Foraminotomy for Severe Bilateral C5 Palsy Following Posterior Decompression and Fusion Surgery for Cervical Ossification of Posterior Longitudinal Ligament. Case Rep Orthop. 2016

  • 17.

    Toyone T, Ozawa T, Inada K, et al. Horizontal fixation of the L3 vertebra with a tilt of less than 5° can prevent the long-term curve progression of unfused adult scoliosis: ten-year follow-up study of concave PLIF at the wedged disc below the caudal end vertebra. Spine. 2015

  • 18.

    Ozawa T, Toyone T, Shiboi R, et al. Modified open-door laminoplasty using ceramic spacer and suture fixation for cervical myelopathy. Yonsei Med J. 2015