受診希望の方へ

診療内容

 整形外科では、骨、関節、筋肉、腱、靭帯、脊椎、脊髄神経、末梢神経などの主に運動器に対する外傷、変性疾患、スポーツ傷害、さらに関節リウマチなどの炎症性疾患、骨粗鬆症等の全身疾患、小児整形、交通外傷や労働災害などを扱います。

 具体的には、関節、スジが痛い。手足がしびれる、手足の感覚がおかしい、力が入り難い。関節や背中が変形した。手足などが腫れている。ぶつけたりひねったりした。骨折や脱臼、捻挫、突き指をした。肩が凝る、腰が痛い、などの症状が対象になります。

診療時間と担当

 月曜日から土曜日、8:30から11:00まで外来の受付をしています。

 紹介状をお持ちの方は、医療連携室へお立ち寄りください。緊急症例や手術、入院加療が必要な場合は、適宜状態状況に応じて対応いたしております。

外来担当医表は、以下になります。
外来担当医(昭和大学病院ホームページ)

専門診外来

 各専門診によりより専門的な外来診療を行っております。受付時間は個々に異なります。恐れ入りますが、事前にご確認をお願い致します。

当科の特色

 特に稲垣主任教授の専門分野である手の外科(手・肘)疾患は、国内有数の経験を誇り、さらに前任宮岡教授の専門であった股関節に関しても、国内有数の経験を誇ります。また下記の専門外来を中心に活発な診療活動を行っております。1股関節疾患、2脊椎脊髄疾患、3スポーツ傷害、4手肘の疾患、5骨粗鬆症、6関節リウマチ、7末梢神経等の疾患に対する診療が盛んに行われております。

  • 舟状骨偽関節に対しては、血管柄付き骨移植術で良好な成績を上げています。
  • 上腕骨顆上骨折後の変形治癒には、三次元的骨切り術で良好な成績を上げております。
  • 股関節疾患に関しては、小児から高齢者、骨関節を温存する手術方法から人工関節置換術まで幅広い治療法に対応出来ます。
  • 脊椎脊髄疾患に関しては、最小侵襲による(内視鏡、顕微鏡、小皮切など)手術を行い術後早期の回復に努めております。
  • スポーツ医学の分野では、多くの現場経験の豊富なスポーツドクターによる各種スポーツ特性に応じた診断治療を行っております。
  • 自己血輸血:ある程度の出血が予想される場合の手術前にご自身の血液を貯血して、他家血使用を減らす(輸血による感染症の予防)に積極的に取り組んでいます。

手術治療の特徴

  • 骨関節温存術:(自分の骨・関節を諦めずに利用し手術をする事により、人工関節置換術の施行を回避したり、施行時期を先延ばしにできる。)
    寛骨臼回転骨切り術、骨頭回転骨切り術、矯正骨切り術
  • 人工関節置換術:(病巣部の骨・関節を除去し、人工の関節に置き換える)
    股関節、膝関節、足関節、肘関節、肩関節、手指関節など
  • 内視鏡下手術:(最小侵襲で脊髄や関節内の手術を行う)
    脊椎脊髄(髄核摘出、除圧、固定術など)、膝関節(靭帯再建、半月板縫合、切除など)、肩関節(腱板修復、関節唇縫合など)、肘関節(骨棘切除、授動術、遊離体除去など)、手関節(TFCC縫合、切除、関節内脱臼骨折)
  • 上肢領域:外傷、傷害、リウマチ変形や末梢神経障害などの手の機能再建
(平成26年11月更新)
(2017年3月12日更新)