1. TOP
  2. 専門診
  3. 四肢外傷グループ

四肢外傷
グループ
について

私達は突然の不幸に見舞われた外傷患者さん達の治療を行なっております。
外傷の治療内容は、骨折、神経・血管損傷、靭帯損傷、腱損傷、切断、偽関節(骨折後の骨癒合が得られていない状態です)、など軽症から重症まで非常に幅が広く、その治療には高度な知識と経験が必要となります。

また、外傷班が中心となって治療を行いますが、大学病院の本拠地ということもあり、各部位の専門家達が揃っているため各々の得意分野を活かしながら治療を行います。
また、一般的な骨折治療に関してはどの班の医師も治療する能力を携えておりますので適宜情報共有し、連携しながら治療を行います。

代表的な治療

外傷の治療指針は実は単純です。
怪我する直前の状態を目指して治療を行う。それだけです。
私達、外傷整形外科医は持てる技術と知識と経験を元に最良と考えられる治療を提案しますが、患者さんにとっての最良と私達にとっての最良に差があることがあります。全身状態や社会的背景など、怪我の程度も去ることながら、置かれている環境まで含めると千差万別です。状況により適宜御本人、御家族と相談させていただきます。
また私達にできることは手術を含めても治療の全課程の半分、もしくはそれに満たないことまでしか手助けができません。ご本人も積極的にリハビリを行なっていただくことで残りの半分が補填され、治療が奏功します。リハビリは専門のスタッフが担当に付き治療させていただきますが、リハビリ以外の時間も自主練習していただくことがより効果的です。

リハビリで長期の入院が必要となる場合、リハビリを継続していただける病院へ転院して治療を継続していただくことが多々あります。
病院にはそれぞれ果たすべき役割があり、私達は急性期病院として次々訪れる患者さんの為にも必要なベッド数を確保しなければなりません。状態が安定した後の転院に御理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。
また、大学病院という病院柄、待機手術となる比較的軽傷の患者さんの手術が日程的に組めない場合があり、その場合は我々の同門の医師の派遣先である病院などを紹介させていただくことがありますのでご了承いただければと存じます。

スタッフ紹介

筒井先生の写真

講師

筒井 完明

専門分野
四肢外傷・手外科
資格
日本整形外科学会整形外科専門医、日本手外科学会専門医
坂本先生の写真

助教

坂本 和歌子

専門分野
四肢外傷、手外科
資格
日本整形外科学会整形外科専門医
岡田先生の写真

太田西ノ内病院
に出向中

岡田 拓巳

専門分野
四肢外傷
資格

代表的な業績

  • 01.

    Okano I, Sawada T, Kushima N, et al. Treatment With Helical Blade Cephalomedullary Nail for Two-Part Basicervical Proximal Femoral Fracture in Elderly Patients Geriatr Orthop Surg Rehabil. 2017

  • 02.

    Okano I, Midorikawa Y, Kushima N, et al. Penetrating Anorectal Injury Caused by a Wild Boar Attack: A Case Report. Wilderness Environ Med. 2018

  • 03.

    Nishi M, Okano I, Sawada T, et al. Chronic Kirschsteiniothelia infection superimposed on a pre-existing non-infectious bursitis of the ankle: the first case report of human infection. BMC Infect Dis. 2018

  • 04.

    Kuroda T, Okano I, Sawada T, et al. Recurrent femoral shaft fractures in a child with gnathodiaphyseal dysplasia: a case report. BMC Musculoskelet Disord. 2019

四肢外傷
グループ
に関連する
お知らせ

現在お知らせはありません。