専門診

昭和大学骨粗鬆症治療センター 関連トピックス アーカイブ

関連トピックスTOPICS
平成26年度 日本骨形態計測学会賞受賞
(掲載:2014年5月30日)

骨粗鬆症診をサポート(平成26年4月〜)してる石川紘司先生が、若手研究者賞を受賞されました。

骨粗鬆症の方のための食事の本ができました。
(掲載:2013年7月1日)

『骨粗しょう症の人のためのおいしいレシピブック』(保健同人社)です。日本図書館協会選定図書に指定されています。骨粗鬆症の食事が気になる方、カルシウムやビタミンDの豊富なおかず作りなどに興味のある方は、参考になると思います。

骨粗しょう症の人のおいしいレシピブック(保健同人社HP内)

TBS系列 『はなまるマーケット』で、骨粗鬆症がテーマになりました。
(掲載:2012年12月18日)

昭和大学病院の永井医師と、杏林大学病院の市村教授から、骨粗鬆症と予防に関してお話がありました。

とくまる「冬は骨が危険「骨粗しょう症」予防で骨美人」ページ(TBS HP内)

平成24年度、日本骨形態計測学会学会賞受賞
(掲載:2012年8月23日)

骨粗鬆症外来担当の永井講師が、昨年に引き続き、 2年連続で学会賞を受賞されました。

平成23年度、日本骨形態計測学会学会賞受賞
(掲載:2012年7月19日)

骨粗鬆症外来担当の永井講師が、日本骨形態計測学会から学会賞を授与されました。

テーマは骨「健康カプセル!ゲンキの時間」放送されました
(掲載:2012年5月22日)

健康カプセル!ゲンキの時間(毎週日曜日、午前7:00〜7:30 TBS系にて放送)

第7回(H24.5.20)『骨』をテーマに宇宙である無重力と骨、新型骨粗鬆症、予防方法などが分かり易く説明されました(監修は、当外来担当の永井講師でした)。

詳しくはhttp://hicbc.com/(CBC公式ホームページ)をご覧下さい。
CBC公式ホームページ(外部リンク)
「健康カプセル!ゲンキの時間」ページ(外部リンク・上記HP内)

第3回城南骨粗鬆症学術講演会報告
(掲載:2011年7月19日)

2011年7月に第3回城南骨粗鬆症学術講演会が、品川のプリンスホテルで開催されました。医師を対象とした講演会でしたが、東京労災病院整形の萱岡道泰先生の司会のもと、城南地区の東京労災病院整形の平澤英幸先生、東邦大整形の奥秋 保先生、昭和大整形の永井隆士でパネルディスカッションを行いました。2010年秋にはSERMの新しい薬 ビビアントが発売され、年末には副甲状腺ホルモンのフォルテオが発売され、2011年春にはビタミンD3製剤のエディロールが発売されました。骨粗鬆症領域の新薬がどんどん開発、発売されております。知識と経験を持ち寄って、品川・大田区全体で医療を高める努力を行っております。

骨粗鬆症治療の現状に関する座談会報告
(掲載:2011年3月17日)

兵庫医科大学篠山病院整形外科 楊鴻生先生、島根大学医学部内科学講座内科学第一 杉本利嗣先生、京都女子大学家政学部食物栄養学科 田中清先生、 山陰労災病院整形外科 山岸英彰先生、昭和大学医学部整形外科 永井隆士の5人の整形外科、内科各領域から集まり、骨粗鬆症治療の現状について、 特に、痛みに対する治療について座談会を行いました。

掲載記事抜粋(PDF)
[出典]ライフ・サイエンス出版:PROGRESS IN MEDICINE 基礎・治療 Vol.27No.10(2007−10) (89(2333)-96(2340))
骨粗鬆症の治療に関する座談会報告
(掲載:2010年9月30日)

 東京労災病院整形外科 萱岡先生、東邦大学病院整形外科 奥秋先生、当科 永井の3人という、城南地区の中核規模の整形外科医が集まり、骨粗鬆症について討論を行いました。詳しくは、下記リンクをご覧下さい。
骨粗鬆症治療〜臨床の実際と課題(外部リンク)

(2017年3月12日更新)