整形外科学講座について

主たる臨床活動の変遷

旧病院正面玄関

 初代名倉英二教授はまだ一般的には整形外科の認知度の低い時期から熱心に教育・診療を行いました。

 1938(昭和13)年、第二代松丸寛教授はとくに先天性股関節脱臼の治療には力を注がれ、脊椎カリエスの手術も積極的にも取り組んでいました。

 1954(昭和29)年4月、第三代川島彌教授は、今では全国どこでも行われている関節鏡の分野では草分け的な研究を行い川島・赤坂式関節鏡を開発して実績をあげました。また、口唇口蓋裂の手術治療に積極的に取り組み、現在の形成外科学の基礎を築きました。先天性股関節脱臼に対して「Overhead Extension」を取り入れ、スポーツ医学にもいち早く取り組み、特にスキー外傷に対しては赤倉、石打にスキー診療所を開設しました。

 第四代上村正吉教授は、先天性股関節脱臼に対する昭和大学式アーチを用いたOverhead traction法を継続し、昭和大学式ギプス台に装着して脊椎骨折の整復を行う、脊椎圧迫骨折整復器を開発し臨床応用を行いました。また、筋肉内注射薬による大腿四頭筋拘縮症に対しては日本整形外科学会筋拘縮症委員会の委員長としてその病因を解明し、治療法を研究し予防にも貢献しました。

 第五代藤巻悦夫教授は、肩関節、肘関節、手の外科、足の外科、骨折治療、スポーツ医学の各分野では数々の学会長を務め、基礎研究から臨床研究にいたる数々のデータから最新の治療に役立てました。特にスポーツ医学の分野では1989(平成元)年4月から2期4年間、日本整形外科学会スポーツ委員会委員長をつとめ、スポーツ外傷の治療・予防に努め、特に足関節部骨折やスキー・スノーボード外傷に力を注ぎました。また、脊椎外科における鏡視下手術にも早くから取り組みました。

 第六代宮岡英世教授は、種々の股関節疾患に対して、骨切りによる骨関節温存手術からセメントレス人工関節置換術に至るまで幅広い治療法を屈指し、難治例にも熱心に取り組んでおります。特にセメントレス人工股関節置換術は1993年以来1000例を超える症例を経験しており良好な長期成績も得ています。

 その他現在でも長い伝統を受け継ぎスポーツ医学、手・肘の外科領域、脊椎脊髄領域などの活動にも心血を注いでおります。

(2019年3月14日更新)