2019年9月6日~7日にかけて、第26回日本脊椎・脊髄神経手術手技会(会長:大阪医科大学 整形外科学:根尾昌志 教授)が開催されました。「ひらめき!―技術を進める力―」のコンセプトの元、開催された本年度は、非常に活発な討論が各会場で行われておりました。昭和大学からは豊根、白旗、工藤、丸山、山村、石川、早川、安川、百々が参加して発表し、いずれの会場も多くの来場者で熱気に包まれておりました。また、本学会では工藤理史講師がBest Presentation賞を受賞されました。本学会の経験を活かし、日々の臨床・研究に励んでまいります。